ヘブンス・フォー

新井泰男&ヘブンス・フォーとは

「ヘブンスフォ-」とは、知る人ぞ知るジャズバンドです。
現在の正式名は『新井泰男&ジャズバンド ヘブンス・フォー』です。
細かく、または日本以外でも活躍しているバンドなので、ジャズ好きの皆様には、どこかで小耳にはさんだ事があるバンド名だと思うのですが・・・。

リード・ボーカルは新井泰男。MC(司会や解説などおしゃべり)は大好評です。ヘブンスフォーのリーダー新井ゆみは、ピアノ弾き語り(弾きながら歌う)。この二人を中心にサックス、ベース、ドラムスはダブルキャストになっています。テナーサックスの鉾立勝、安藤俊之。
ベースは矢田佳延、江森正敏、大戸幹夫。ドラムスは菅原光則、辻田健太郎、畠山尚久。
そして時々お手伝いいただくギターの加藤泉。

ヘブンス・フォーは中国では、「天堂四人組」と訳して紹介されましたが、これは固有名詞なので、バンドの人数とは関係ありません。

2008年のアジアでは最大のスポーツの祭典「北京オリンピック」にアジア代表として北京国立劇場で立派に演奏し、この成功は43の言語で202ヶ国に伝えられました。

「日本のジャズ・バンド、北京で五輪を盛り上げる」
現在も海外での演奏は一年に3回以上、また、東京をはじめとして日本全国で活躍中です。
詳しくは、メンバー紹介を参照してください。

 
Cotton-cafeは埼玉県東松山市にて営業中の、ジャズのライブハウスです。